化粧水の正しい付け方知ってますか?美肌を実現できる方法

あなたは化粧水の正しい使い方をご存知ですか?美容に関する情報は、色々な意見が錯綜しています。肌質がそれぞれ違うのと同じで、化粧水の正しい付け方も人によって良い悪いがあるのです。

ただし、間違った使い方をするといくら高価で評判の良い化粧水を使ったところでその効果が発揮されなかったり、逆に肌荒れが悪化してしまう原因にもなりかねません。

そうなってしまう前に、一度正しい化粧水の使い方をおさらいしておきましょう。

化粧水の正しい付け方は手とコットンどっち?

化粧水をつけるとき、どうやって付けていますか?手のひらに出してそのまま顔に馴染ませるのか、または化粧水をコットンに染み込ませ肌をトントンとたたくように入れ込んでいくのか。

結論としては、どちらの付け方も間違いではありません。ですが、どちらもメリット・デメリットがあります。それを気にかけつつ、自分がやっていて心地よく効果を感じやすい方を選びましょう。

手でつけることのメリット・デメリット

手でつけることのメリットとしては、体温で化粧水が温められ肌に浸透しやすくなるということが挙げられます。手のひらに化粧水を馴染ませ軽く体温で温めた後、そのまま手のひらで顔を覆います。

これは「ハンドプレス」と呼ばれる方法で、こうすることによって皮膚の奥まで化粧水が浸透していき、肌に潤いを与えより乾燥から守ってくれます。化粧水と自分の手があればいつでもどこでも出来るので、手間がかからないところもメリットです。

デメリットは、手は清潔ではないということです。手のひらにニキビの原因菌が付着していた場合、ハンドプレスでその菌も化粧水と一緒に浸透して行ってしまいます。そうなると、ニキビができやすくなってしまうのです。

さらに手の表面の凹凸により、肌に負担をかけてしまう場合があります。摩擦を起こすことは繊細な肌にとっては大ダメージなので、極力摩擦を起こさないように優しく肌に押し込むようにしましょう。

コットンでつけることのメリット・デメリット

コットンには手の表面のような凹凸が無く、肌へのダメージが少ないというメリットが挙げられます。他にも、ニキビの原因菌となってしまう細菌や汚れも付着していないため、清潔な状態で化粧水を浸透させることができます。

しかし、毛羽立ちの少ない質のいいコットンを使う必要があります。質が悪くすぐに毛羽立ってしまうようなコットンだと、逆に肌への負担になってしまいます。

染み込ませる化粧水の量にも注意です。少なすぎるとコットンに染み込むだけで肌に入ってくれませんし、つけすぎてもよくありません。適量を見極めましょう。

化粧水をつけるタイミング

化粧水は、洗顔後すぐにつけましょう。クレンジングや洗顔した後、肌は本来の保湿力を失っています。いわゆる「乾燥」です。その保湿力は24時間をかけて元に戻ると言われているので、その間その保湿力を補うことが必要になってきます。

それが保湿化粧水の役目です。洗顔で保湿力を失った肌を乾燥している状態にしないように、洗顔後はなるべく早く化粧水を使いましょう。早ければ早いだけ良いです。

特にニキビや毛穴の肌トラブルを改善したいという場合は、この保湿は特に大切です。保湿しなければ、ニキビは治りません。乾燥してしまえば、ニキビが出来やすくなってしまいます。その乾燥している時間を短くすることがカギになってきます。

なるべく早く保湿するならお風呂に入りながら化粧水をつけるという手もありますが、肌に水分が残っていると化粧水がうまく浸透してくれません。もしお風呂場でつけるのなら、しっかりと水分を拭き取ってからにしましょう。

化粧水をつけた後は乳液が必要

化粧水の後、乳液はしっかりとつけていますか?化粧水によって肌に水分が補われますが、化粧水のみをつけたままにしておくとせっかく補われた水分が蒸発していってしまいます。それを防ぐために使用するのが乳液です。

乳液に含まれている成分は、肌に潤いを与えながら配合されている油分が化粧水の蒸発を防いでくれます。つまり乳液とは、潤った肌にフタをする保湿成分です。

このフタが実はスキンケアにおいて重要な役割を果たしています。前述したように、洗顔後の肌は水分や油分、保湿力を失って乾燥している状態です。乳液でしっかりとフタをしてあげることによって、肌表面に油分の膜が出来、肌の保湿力が再生されるまでの代わりになります。

また、ただのフタの役割だけでなく、「セラミド」という美容成分も肌に届けてくれます。保湿するだけでなく、美容成分も肌に届けてくれるので、欠かせないアイテムですね。

使用する量は、全体的に満遍なく伸ばせるくらいの少量で構いません。少なすぎるとフタをしきれず保湿効果がありませんが、つけすぎもよくありません。翌朝まで残った肌に乗ったままの乳液の油分が、毛穴を広げてしまったり肌をくすませてしまう原因にもなるのです。

化粧水を付けるときの注意点

化粧水は、ただつければいいというわけではありません。肌に触れるということは、少なからず負担がかかってしまいます。それはコットンでも手でも同じです。化粧水をつけるときの注意点を3つご紹介します。

パッティングのやりすぎ

パッティング=肌をポンポンと押さえ肌に浸透させていくこと。化粧水を適量染み込ませたコットンや手のひらに化粧水を馴染ませた状態で、優しく肌の内部まで化粧水を押し込んでいくようなイメージでつけていきます。

但しこれも間違ったやり方は逆効果。ペチペチと音がするくらい肌を叩いてしまうのは絶対にNG。叩いていけば、確かに浸透しやすいような気もしますが、それでは肌に負担をかけていることになります。

優しく押し込めば沢山やってもいいのか?それも間違いです。パッティングの回数が多すぎても、肌に負担がかかってしまう原因となります。

擦ってつけてしまう

肌に押し込んでいくのが良いというのなら、肌の上を滑らせても良いのではないか?そんなことはありません。肌を擦ってしまうと摩擦が起こり、表面が赤らんでしまいます。

この赤くなってる状態は、皮膚が炎症を起こしているということ。炎症、と聞くと肌がダメージを受けているのだと解りやすいですね。

洗顔後すぐにつけない

一般的に、洗顔してから化粧水がうまく浸透するまでの時間は10分と言われています。あまり時間が経ってしまうと肌は極度の乾燥状態になり、いくら化粧水や美容液、乳液で保湿しようとしてもうまく水分が補えなくなってしまいます。

なのでより肌をしっかりと保湿してあげるために、洗顔してから時間を空けずにスキンケアの時間を取ってあげましょう。

→敏感肌におすすめの保湿化粧水5選!ヒリヒリせずに美肌を作る!

→乾燥肌に効果的なプチプラ化粧水ベスト5!安いのに優秀!

→ミスト保湿化粧水おすすめTOP5!使い方と注意点について

→毛穴ケアにおすすめの化粧水5選!

→ニキビに効くおすすめの保湿化粧水5選!綺麗な肌を実現!

まとめ

いかがでしたか?良かれと思ってやっていたけれど、意外と間違ったスキンケアをしていた方も多いのではないでしょうか。今回頭に入れておいてほしいのは3つ。

・化粧水をつけるときはコットンでも手でも良いが、刺激を与えすぎないようにする。
・洗顔後すぐにスキンケアをする
・乳液でフタをする

です。この3つを抑えるだけで、ワンランク上のスキンケア方法になるでしょう。

ですが、肌質は人それぞれ。一概にこれが正解だと言い切れないのが美容の難しいところであり、面白いところでもあります。

いつものやり方で肌トラブルが改善しない場合は、どこかに原因があります。やり方や使っているものを変えて、自分に合ったスキンケア方法を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です